Zero Base

あなたのビジネスを客観的に再検証

多くの経営者が,自分のビジネスの本当の価値を知りません.ここで,弊所がお勧めするのは,知的資産経営とそこから見えてくるゼロベース戦略です.

「知的資産」とは,人材,技術,組織力,顧客とのネットワーク,ブランド等の目に見えない資産のことで,企業の競争力の源泉となるものです.

これは,特許やノウハウなどの「知的財産」だけではなく,組織や人材,ネットワークなどの企業の強みとなる資産を総称する幅広い考え方であることに注意が必要です.

さらに,このような企業に固有の知的資産を認識し,有効に組み合わせて活用していくことを通じて収益につなげる経営を「知的資産経営」と呼びます.

つまり,「今,できること」を客観的に再検証し,新たな設備投資や雇用を増やすわけではなく,「現状でできること」から新たなチャンネルを創出するのです.これには,通常,第三者の視点,新しい発想が必要です.

 

中小企業・個人事業 コンサルティング 事例

企業のポテンシャルを最大限に引き出し,新しいプロジェクトを創造します.

 

  • 例:ブランド形成 ブランディング
  • 例:商品・企画のプレゼンテーション資料の草案,作成,リハーサル,~本番まで
  • 例:下請けのみであった工場の設備を活かした独自ブランド製品の創出・展開
  • 例:地域特化であった商品の全国展開・海外展開
  • 例:取引先の全面見直し,新体制へのバージョンアップ(大幅コストダウン)
  • 例:マイナス要員の選定(人事における絶対評価 大幅コストダウン)
  • 例:地域大型ショッピングモールへの出店 試算 リスクマネージメント
  • 例:知的資産経営サポート 知的資産とは企業の見えない資産を「見える化」することです
  • 例:個性を持たない商品の差別化,販売手法のブランド化
  • 例:リユース素材を新商品として再構成
  • 例:他社とのコラボレーション企画(商品)の発案,展開
  • 例:海外からのプロダクツ輸入・国内展開
  • 例:ローカル音楽レーベルの全国展開 イベント制作

 

ゼロベースは弊所の最も得意とすることです.お気軽にご連絡ください.