License

あなたのビジネスに必要な許認可は?

ひとたびビジネスを始めようとすると,行政との関わりは避けて通れません.何かしら許認可が必要である場合がほとんどで,ビジネスを始める前にしっかり確認しておくことが必要です.新たなビジネスを始めようとお考えの方は,お気軽にご相談ください. 何が必要でどのようにすれば良いかをアドバイス致します.

 

許認可の実際

ほとんどの各種許認可については,特別な知識がなくとも手引書や役所とのやりとりでできてしまいます.何が必要か?どうすれば良いか?程度であれば,無料でお教えしますから,ぜひご自身でトライしてみてください.複雑な案件や,許認可が取れなかった場合は弊所にご相談ください.*1

また,門前払いをされたり,担当者が高圧的であったり,杓子定規に様式に拘るといった場合もご相談ください.最近は役所の対応も親切で,丁寧に教えてくれると思いますが,中には上から目線で服従させようとする者がいることもまた事実です.役所が要求するものの中には,

 

  • 法律要件とは無関係のただの便宜上の事項や,
  • 他の方法でも要件を満たすこともあり得るのにそれらを伝えない,或いは知らない 場合等もあります.

 

こういう場合,役所のいうことに盲従するのではなく,逆に役所に根拠法令の要件を満たしていることを説明したり,説得したりしますから,弊所やお近くの行政書士を活用してください.*2

 

特定行政書士

弊所代表は特定行政書士です.特定行政書士とは不服申立(行政争訟)の代理権を有する行政書士をいいます.場合によっては審査請求等の救済措置を講じることも可能です.お気軽にご相談ください.*3

 

*1 原則として弊所ではビジネスコンサルティングの一環として必要な場合に許認可業務を受任します. 

*2 行政書士の能力はまちまちです.お近くの信頼できる行政書士を紹介します.

*3 許認可等の不許可処分につき不服申立等をする場合,前提として行政書士が原処分についての申請等をしていることが必要ですが,必ずしも弊所に依頼された案件である必要はありません.他の行政書士に依頼したが不許可だったという場合にも対応は可能です.(不服申立は弁護士・特定行政書士しかできません.)