Branding

ブランディングにより,顧客を追い回す必要はなくなる

あなたのビジネスをブランド化することによって,顧客を追い回す必要はなくなります.仕事の大半を「営業」に費やしているような状態であれば,自己ブランドを見直してみる価値は十分にあります.

弊所が定義するスモールビジネス,すなわち,事業主の年収が概ね1000万円程度の規模のビジネスにおいて,もっとも重要であるが意識されていないのが「ブランディング」です.

あなたは,マーケティングに予算と時間を割き,適切なターゲティングをし,プロモーションを展開したが,望んだ結果に至らなかったという経験が何度もあるかもしれません.

原因はブランディング戦略が間違っていた,或いは全くブランディングについて考えていなかったという場合が少なくないのです.

効果的なブランディング戦略は,多くのメリットを得られます.

 

 

ブランディングとは

ブランドとは,人々のイメージの問題です.何もハイブランドのように高価なものを扱うというわけではありませんし,イメージといっても,外観だけの問題ではありません.もちろん,外観を良くすることは非常に重要なファクターですが,ブランディングの実際は,

 

  • 差別化
  • 優位性
  • 信憑性

 

の3つから成り立ちます.差別化とは文字通り,他の同業者と何が違うのか?を意味し,優位性とは,ある面においては突出していることであり,信憑性とは,あなたのビジネスが真実に基づいているということです.

あなたは,発表する全ての事柄について上記のことをよく吟味して細心の注意を払わなくてはなりません.ウェブサイト,販促グッズ,フライヤー,写真の1枚に至るまで.

中小企業や個人事業主がブランディング戦略を導入することのメリットはいくらでも挙げることができます.特にスモールビジネスの場合,適切なブランディングができていれば,原則としてビジネスが成立しないことはあり得ないと考えています.

 

SNS等の発達によって,個人でも何かを発信することは容易になりました.反面,ブログ等で不要なことを発信し却って潜在顧客を逃したり,能力はあるものの,アマチュアに見られてしまったりする場合も少なくありません.これらはあなたの望まない形で「逆ブランド」が形成されているといえます.

あなたは,発信する全てにつき上記のことを念頭によく考えなくてはなりません.さもなければ,大資本との広告合戦に巻き込まれるか,ダンピング競争に参加せざるを得ない状況になります.

ブランディング戦略が整ってから,(広義の)マーケティングやプロモーションを展開します.ブランディングができていれば,例えば同じ商品・サービスを扱っていたとしても,同じ予算でPRをした場合,何もしていない場合と比べて遥かに良い結果となります.

ただし,ブランディングには大元の商品やサービスの欠陥を治癒する力はありませんので,提供しようとしている商品やサービスが良いものであることは大前提です.

 

少ない予算でも効果的なブランディングを行います.お気軽にご相談ください.